忍者ブログ
暮らしの中での出来事や学びを掲載しています。
[1] [2] [3] [4] [5]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

睡眠 中は刺激に対する反応がほとんどなくなり、移動や外界の 注視などの様々な活動も低下する。一般的には、閉眼し意味 のある精神活動は停止した状態となるが、適切な刺激に よって容易に覚醒する。 このため睡眠 と意識障害とはまったく異なるものである。 またヒトをはじめとする大脳の発達したいくつかの動物では、 睡眠中 に夢と呼ばれるある種の幻覚を体験することがある。 睡眠の 目的は、心身の休息、記憶の再構成など高次脳機能にも深く 関わっているとされる。 下垂体前葉は、2時間から3時間の間隔で成長ホルモンを分泌する 放出間隔は睡眠 によって変化しないが、放出量は多くなる。したがって、子供の 成長や創傷治癒、肌の新陳代謝は 睡眠時に 特に促進される。その他、免疫力やストレスの除去などが あるが、完全に解明されていない部分も多い。 短期的には睡眠 は栄養の摂取よりも重要である。ラットを用いた実験では、 完全に睡眠 を遮断した場合、約10 - 20日で死亡するが、これは食物を与えな かった場合よりも短い。 ヒトの睡眠 ヒトに必要な睡眠 量には個体差があり、6 - 8時間の場合が多い。 統計的には7時間の場合に平均余命が最も長くなる。 睡眠が不足した 場合に最も影響のある精神活動は集中力である。 計算能力、記憶能力、連想能力などはあまり低下しない。 睡眠の 取りやすさにも個体差がある。さらに、入眠時の身体状態や 精神状態、外部環境に依存するため、睡眠が取りやすかったり、睡眠が取りにくいなど、同一個体でも状態による差が大きい。 そのため、睡眠を快く取る為の安眠法が幾つも発明されている。後述する入眠ニューロンは体温 の上昇によって活動が亢進するため、入眠前の入浴や入眠時に 寝室を暖かくすることが有効である。 また睡眠 にはメラトニンが関わっており、メラトニンを脳にある松果体 で生成するには起床中に2500ルクス以上の光を浴びる必要がある。 ヒトの睡眠は、 脳波と眼球運動のパターンで分類できることが知られている。 成人はステージI~REMの間を睡眠中反復し、周期は90分程度である。 入眠やステージI - IVとレム睡眠間の移行を司る特別なニューロン群が存在する。 入眠時には前脳基部に存在する入眠ニューロンが活性化する。レム睡眠移行時には脳幹に位置する レム入眠ニューロンが活動する。覚醒状態では脳内の各ニューロンは 独立して活動しているが、ステージI - IVでは隣接するニューロンが低 周波で同期して活動する。 ステージI 傾眠状態。脳波上、覚醒時にみられたα波が減少し、 低振幅の電位がみられる。 ステージI - IVをまとめて、ノンレム睡眠と呼ぶ。 ステージII 脳波上、睡眠 紡錘 (sleep spindle) がみられる。 ステージIII 低周波のδ波 が増える。20% - 50% ステージIV δ波が50%以上。 レム (REM) 睡眠 急速眼 球運動 (Rapid Eye Movement) の見られる 睡眠である。脳波は比較的早いθ波が主体となる。 この期間に覚醒した場合、夢の内容を覚えていることが多い。 レム睡眠中の脳活動は覚醒時と似ており、エネルギー消費率も覚醒時とほぼ同等である。 急速眼球運動だけが起こるのは、目筋以外を制御する 運動ニューロンの働きが抑制されているためである。 人間では、6 - 8時間の睡眠 のうち、1時間半 - 2時間をレム睡眠が占める。記憶の固定にレム睡眠が必要だという説に対しては、支持しない証拠が多い[1]。 1953年にシカゴ大学のナサニエル・クライトマンと ユージン・アゼリンスキーがレム睡眠の存在を発見した。 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
PR
睡眠 中は刺激に対する反応がほとんどなくなり、移動や外界の 注視などの様々な活動も低下する。一般的には、閉眼し意味 のある精神活動は停止した状態となるが、適切な刺激に よって容易に覚醒する。 このため睡眠 と意識障害とはまったく異なるものである。 またヒトをはじめとする大脳の発達したいくつかの動物では、 睡眠中 に夢と呼ばれるある種の幻覚を体験することがある。 睡眠の 目的は、心身の休息、記憶の再構成など高次脳機能にも深く 関わっているとされる。 下垂体前葉は、2時間から3時間の間隔で成長ホルモンを分泌する 放出間隔は睡眠 によって変化しないが、放出量は多くなる。したがって、子供の 成長や創傷治癒、肌の新陳代謝は 睡眠時に 特に促進される。その他、免疫力やストレスの除去などが あるが、完全に解明されていない部分も多い。 短期的には睡眠 は栄養の摂取よりも重要である。ラットを用いた実験では、 完全に睡眠 を遮断した場合、約10 - 20日で死亡するが、これは食物を与えな かった場合よりも短い。 ヒトの睡眠 ヒトに必要な睡眠 量には個体差があり、6 - 8時間の場合が多い。 統計的には7時間の場合に平均余命が最も長くなる。 睡眠が不足した 場合に最も影響のある精神活動は集中力である。 計算能力、記憶能力、連想能力などはあまり低下しない。 睡眠の 取りやすさにも個体差がある。さらに、入眠時の身体状態や 精神状態、外部環境に依存するため、睡眠が取りやすかったり、睡眠が取りにくいなど、同一個体でも状態による差が大きい。 そのため、睡眠を快く取る為の安眠法が幾つも発明されている。後述する入眠ニューロンは体温 の上昇によって活動が亢進するため、入眠前の入浴や入眠時に 寝室を暖かくすることが有効である。 また睡眠 にはメラトニンが関わっており、メラトニンを脳にある松果体 で生成するには起床中に2500ルクス以上の光を浴びる必要がある。 ヒトの睡眠は、 脳波と眼球運動のパターンで分類できることが知られている。 成人はステージI~REMの間を睡眠中反復し、周期は90分程度である。 入眠やステージI - IVとレム睡眠間の移行を司る特別なニューロン群が存在する。 入眠時には前脳基部に存在する入眠ニューロンが活性化する。レム睡眠移行時には脳幹に位置する レム入眠ニューロンが活動する。覚醒状態では脳内の各ニューロンは 独立して活動しているが、ステージI - IVでは隣接するニューロンが低 周波で同期して活動する。 ステージI 傾眠状態。脳波上、覚醒時にみられたα波が減少し、 低振幅の電位がみられる。 ステージI - IVをまとめて、ノンレム睡眠と呼ぶ。 ステージII 脳波上、睡眠 紡錘 (sleep spindle) がみられる。 ステージIII 低周波のδ波 が増える。20% - 50% ステージIV δ波が50%以上。 レム (REM) 睡眠 急速眼 球運動 (Rapid Eye Movement) の見られる 睡眠である。脳波は比較的早いθ波が主体となる。 この期間に覚醒した場合、夢の内容を覚えていることが多い。 レム睡眠中の脳活動は覚醒時と似ており、エネルギー消費率も覚醒時とほぼ同等である。 急速眼球運動だけが起こるのは、目筋以外を制御する 運動ニューロンの働きが抑制されているためである。 人間では、6 - 8時間の睡眠 のうち、1時間半 - 2時間をレム睡眠が占める。記憶の固定にレム睡眠が必要だという説に対しては、支持しない証拠が多い[1]。 1953年にシカゴ大学のナサニエル・クライトマンと ユージン・アゼリンスキーがレム睡眠の存在を発見した。 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
睡眠 中は刺激に対する反応がほとんどなくなり、移動や外界の 注視などの様々な活動も低下する。一般的には、閉眼し意味 のある精神活動は停止した状態となるが、適切な刺激に よって容易に覚醒する。 このため睡眠 と意識障害とはまったく異なるものである。 またヒトをはじめとする大脳の発達したいくつかの動物では、 睡眠中 に夢と呼ばれるある種の幻覚を体験することがある。 睡眠の 目的は、心身の休息、記憶の再構成など高次脳機能にも深く 関わっているとされる。 下垂体前葉は、2時間から3時間の間隔で成長ホルモンを分泌する 放出間隔は睡眠 によって変化しないが、放出量は多くなる。したがって、子供の 成長や創傷治癒、肌の新陳代謝は 睡眠時に 特に促進される。その他、免疫力やストレスの除去などが あるが、完全に解明されていない部分も多い。 短期的には睡眠 は栄養の摂取よりも重要である。ラットを用いた実験では、 完全に睡眠 を遮断した場合、約10 - 20日で死亡するが、これは食物を与えな かった場合よりも短い。 ヒトの睡眠 ヒトに必要な睡眠 量には個体差があり、6 - 8時間の場合が多い。 統計的には7時間の場合に平均余命が最も長くなる。 睡眠が不足した 場合に最も影響のある精神活動は集中力である。 計算能力、記憶能力、連想能力などはあまり低下しない。 睡眠の 取りやすさにも個体差がある。さらに、入眠時の身体状態や 精神状態、外部環境に依存するため、睡眠が取りやすかったり、睡眠が取りにくいなど、同一個体でも状態による差が大きい。 そのため、睡眠を快く取る為の安眠法が幾つも発明されている。後述する入眠ニューロンは体温 の上昇によって活動が亢進するため、入眠前の入浴や入眠時に 寝室を暖かくすることが有効である。 また睡眠 にはメラトニンが関わっており、メラトニンを脳にある松果体 で生成するには起床中に2500ルクス以上の光を浴びる必要がある。 ヒトの睡眠は、 脳波と眼球運動のパターンで分類できることが知られている。 成人はステージI~REMの間を睡眠中反復し、周期は90分程度である。 入眠やステージI - IVとレム睡眠間の移行を司る特別なニューロン群が存在する。 入眠時には前脳基部に存在する入眠ニューロンが活性化する。レム睡眠移行時には脳幹に位置する レム入眠ニューロンが活動する。覚醒状態では脳内の各ニューロンは 独立して活動しているが、ステージI - IVでは隣接するニューロンが低 周波で同期して活動する。 ステージI 傾眠状態。脳波上、覚醒時にみられたα波が減少し、 低振幅の電位がみられる。 ステージI - IVをまとめて、ノンレム睡眠と呼ぶ。 ステージII 脳波上、睡眠 紡錘 (sleep spindle) がみられる。 ステージIII 低周波のδ波 が増える。20% - 50% ステージIV δ波が50%以上。 レム (REM) 睡眠 急速眼 球運動 (Rapid Eye Movement) の見られる 睡眠である。脳波は比較的早いθ波が主体となる。 この期間に覚醒した場合、夢の内容を覚えていることが多い。 レム睡眠中の脳活動は覚醒時と似ており、エネルギー消費率も覚醒時とほぼ同等である。 急速眼球運動だけが起こるのは、目筋以外を制御する 運動ニューロンの働きが抑制されているためである。 人間では、6 - 8時間の睡眠 のうち、1時間半 - 2時間をレム睡眠が占める。記憶の固定にレム睡眠が必要だという説に対しては、支持しない証拠が多い[1]。 1953年にシカゴ大学のナサニエル・クライトマンと ユージン・アゼリンスキーがレム睡眠の存在を発見した。 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
睡眠 中は刺激に対する反応がほとんどなくなり、移動や外界の 注視などの様々な活動も低下する。一般的には、閉眼し意味 のある精神活動は停止した状態となるが、適切な刺激に よって容易に覚醒する。 このため睡眠 と意識障害とはまったく異なるものである。 またヒトをはじめとする大脳の発達したいくつかの動物では、 睡眠中 に夢と呼ばれるある種の幻覚を体験することがある。 睡眠の 目的は、心身の休息、記憶の再構成など高次脳機能にも深く 関わっているとされる。 下垂体前葉は、2時間から3時間の間隔で成長ホルモンを分泌する 放出間隔は睡眠 によって変化しないが、放出量は多くなる。したがって、子供の 成長や創傷治癒、肌の新陳代謝は 睡眠時に 特に促進される。その他、免疫力やストレスの除去などが あるが、完全に解明されていない部分も多い。 短期的には睡眠 は栄養の摂取よりも重要である。ラットを用いた実験では、 完全に睡眠 を遮断した場合、約10 - 20日で死亡するが、これは食物を与えな かった場合よりも短い。 ヒトの睡眠 ヒトに必要な睡眠 量には個体差があり、6 - 8時間の場合が多い。 統計的には7時間の場合に平均余命が最も長くなる。 睡眠が不足した 場合に最も影響のある精神活動は集中力である。 計算能力、記憶能力、連想能力などはあまり低下しない。 睡眠の 取りやすさにも個体差がある。さらに、入眠時の身体状態や 精神状態、外部環境に依存するため、睡眠が取りやすかったり、睡眠が取りにくいなど、同一個体でも状態による差が大きい。 そのため、睡眠を快く取る為の安眠法が幾つも発明されている。後述する入眠ニューロンは体温 の上昇によって活動が亢進するため、入眠前の入浴や入眠時に 寝室を暖かくすることが有効である。 また睡眠 にはメラトニンが関わっており、メラトニンを脳にある松果体 で生成するには起床中に2500ルクス以上の光を浴びる必要がある。 ヒトの睡眠は、 脳波と眼球運動のパターンで分類できることが知られている。 成人はステージI~REMの間を睡眠中反復し、周期は90分程度である。 入眠やステージI - IVとレム睡眠間の移行を司る特別なニューロン群が存在する。 入眠時には前脳基部に存在する入眠ニューロンが活性化する。レム睡眠移行時には脳幹に位置する レム入眠ニューロンが活動する。覚醒状態では脳内の各ニューロンは 独立して活動しているが、ステージI - IVでは隣接するニューロンが低 周波で同期して活動する。 ステージI 傾眠状態。脳波上、覚醒時にみられたα波が減少し、 低振幅の電位がみられる。 ステージI - IVをまとめて、ノンレム睡眠と呼ぶ。 ステージII 脳波上、睡眠 紡錘 (sleep spindle) がみられる。 ステージIII 低周波のδ波 が増える。20% - 50% ステージIV δ波が50%以上。 レム (REM) 睡眠 急速眼 球運動 (Rapid Eye Movement) の見られる 睡眠である。脳波は比較的早いθ波が主体となる。 この期間に覚醒した場合、夢の内容を覚えていることが多い。 レム睡眠中の脳活動は覚醒時と似ており、エネルギー消費率も覚醒時とほぼ同等である。 急速眼球運動だけが起こるのは、目筋以外を制御する 運動ニューロンの働きが抑制されているためである。 人間では、6 - 8時間の睡眠 のうち、1時間半 - 2時間をレム睡眠が占める。記憶の固定にレム睡眠が必要だという説に対しては、支持しない証拠が多い[1]。 1953年にシカゴ大学のナサニエル・クライトマンと ユージン・アゼリンスキーがレム睡眠の存在を発見した。 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
睡眠 中は刺激に対する反応がほとんどなくなり、移動や外界の 注視などの様々な活動も低下する。一般的には、閉眼し意味 のある精神活動は停止した状態となるが、適切な刺激に よって容易に覚醒する。 このため睡眠 と意識障害とはまったく異なるものである。 またヒトをはじめとする大脳の発達したいくつかの動物では、 睡眠中 に夢と呼ばれるある種の幻覚を体験することがある。 睡眠の 目的は、心身の休息、記憶の再構成など高次脳機能にも深く 関わっているとされる。 下垂体前葉は、2時間から3時間の間隔で成長ホルモンを分泌する 放出間隔は睡眠 によって変化しないが、放出量は多くなる。したがって、子供の 成長や創傷治癒、肌の新陳代謝は 睡眠時に 特に促進される。その他、免疫力やストレスの除去などが あるが、完全に解明されていない部分も多い。 短期的には睡眠 は栄養の摂取よりも重要である。ラットを用いた実験では、 完全に睡眠 を遮断した場合、約10 - 20日で死亡するが、これは食物を与えな かった場合よりも短い。 ヒトの睡眠 ヒトに必要な睡眠 量には個体差があり、6 - 8時間の場合が多い。 統計的には7時間の場合に平均余命が最も長くなる。 睡眠が不足した 場合に最も影響のある精神活動は集中力である。 計算能力、記憶能力、連想能力などはあまり低下しない。 睡眠の 取りやすさにも個体差がある。さらに、入眠時の身体状態や 精神状態、外部環境に依存するため、睡眠が取りやすかったり、睡眠が取りにくいなど、同一個体でも状態による差が大きい。 そのため、睡眠を快く取る為の安眠法が幾つも発明されている。後述する入眠ニューロンは体温 の上昇によって活動が亢進するため、入眠前の入浴や入眠時に 寝室を暖かくすることが有効である。 また睡眠 にはメラトニンが関わっており、メラトニンを脳にある松果体 で生成するには起床中に2500ルクス以上の光を浴びる必要がある。 ヒトの睡眠は、 脳波と眼球運動のパターンで分類できることが知られている。 成人はステージI~REMの間を睡眠中反復し、周期は90分程度である。 入眠やステージI - IVとレム睡眠間の移行を司る特別なニューロン群が存在する。 入眠時には前脳基部に存在する入眠ニューロンが活性化する。レム睡眠移行時には脳幹に位置する レム入眠ニューロンが活動する。覚醒状態では脳内の各ニューロンは 独立して活動しているが、ステージI - IVでは隣接するニューロンが低 周波で同期して活動する。 ステージI 傾眠状態。脳波上、覚醒時にみられたα波が減少し、 低振幅の電位がみられる。 ステージI - IVをまとめて、ノンレム睡眠と呼ぶ。 ステージII 脳波上、睡眠 紡錘 (sleep spindle) がみられる。 ステージIII 低周波のδ波 が増える。20% - 50% ステージIV δ波が50%以上。 レム (REM) 睡眠 急速眼 球運動 (Rapid Eye Movement) の見られる 睡眠である。脳波は比較的早いθ波が主体となる。 この期間に覚醒した場合、夢の内容を覚えていることが多い。 レム睡眠中の脳活動は覚醒時と似ており、エネルギー消費率も覚醒時とほぼ同等である。 急速眼球運動だけが起こるのは、目筋以外を制御する 運動ニューロンの働きが抑制されているためである。 人間では、6 - 8時間の睡眠 のうち、1時間半 - 2時間をレム睡眠が占める。記憶の固定にレム睡眠が必要だという説に対しては、支持しない証拠が多い[1]。 1953年にシカゴ大学のナサニエル・クライトマンと ユージン・アゼリンスキーがレム睡眠の存在を発見した。 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
睡眠 中は刺激に対する反応がほとんどなくなり、移動や外界の 注視などの様々な活動も低下する。一般的には、閉眼し意味 のある精神活動は停止した状態となるが、適切な刺激に よって容易に覚醒する。 このため睡眠 と意識障害とはまったく異なるものである。 またヒトをはじめとする大脳の発達したいくつかの動物では、 睡眠中 に夢と呼ばれるある種の幻覚を体験することがある。 睡眠の 目的は、心身の休息、記憶の再構成など高次脳機能にも深く 関わっているとされる。 下垂体前葉は、2時間から3時間の間隔で成長ホルモンを分泌する 放出間隔は睡眠 によって変化しないが、放出量は多くなる。したがって、子供の 成長や創傷治癒、肌の新陳代謝は 睡眠時に 特に促進される。その他、免疫力やストレスの除去などが あるが、完全に解明されていない部分も多い。 短期的には睡眠 は栄養の摂取よりも重要である。ラットを用いた実験では、 完全に睡眠 を遮断した場合、約10 - 20日で死亡するが、これは食物を与えな かった場合よりも短い。 ヒトの睡眠 ヒトに必要な睡眠 量には個体差があり、6 - 8時間の場合が多い。 統計的には7時間の場合に平均余命が最も長くなる。 睡眠が不足した 場合に最も影響のある精神活動は集中力である。 計算能力、記憶能力、連想能力などはあまり低下しない。 睡眠の 取りやすさにも個体差がある。さらに、入眠時の身体状態や 精神状態、外部環境に依存するため、睡眠が取りやすかったり、睡眠が取りにくいなど、同一個体でも状態による差が大きい。 そのため、睡眠を快く取る為の安眠法が幾つも発明されている。後述する入眠ニューロンは体温 の上昇によって活動が亢進するため、入眠前の入浴や入眠時に 寝室を暖かくすることが有効である。 また睡眠 にはメラトニンが関わっており、メラトニンを脳にある松果体 で生成するには起床中に2500ルクス以上の光を浴びる必要がある。 ヒトの睡眠は、 脳波と眼球運動のパターンで分類できることが知られている。 成人はステージI~REMの間を睡眠中反復し、周期は90分程度である。 入眠やステージI - IVとレム睡眠間の移行を司る特別なニューロン群が存在する。 入眠時には前脳基部に存在する入眠ニューロンが活性化する。レム睡眠移行時には脳幹に位置する レム入眠ニューロンが活動する。覚醒状態では脳内の各ニューロンは 独立して活動しているが、ステージI - IVでは隣接するニューロンが低 周波で同期して活動する。 ステージI 傾眠状態。脳波上、覚醒時にみられたα波が減少し、 低振幅の電位がみられる。 ステージI - IVをまとめて、ノンレム睡眠と呼ぶ。 ステージII 脳波上、睡眠 紡錘 (sleep spindle) がみられる。 ステージIII 低周波のδ波 が増える。20% - 50% ステージIV δ波が50%以上。 レム (REM) 睡眠 急速眼 球運動 (Rapid Eye Movement) の見られる 睡眠である。脳波は比較的早いθ波が主体となる。 この期間に覚醒した場合、夢の内容を覚えていることが多い。 レム睡眠中の脳活動は覚醒時と似ており、エネルギー消費率も覚醒時とほぼ同等である。 急速眼球運動だけが起こるのは、目筋以外を制御する 運動ニューロンの働きが抑制されているためである。 人間では、6 - 8時間の睡眠 のうち、1時間半 - 2時間をレム睡眠が占める。記憶の固定にレム睡眠が必要だという説に対しては、支持しない証拠が多い[1]。 1953年にシカゴ大学のナサニエル・クライトマンと ユージン・アゼリンスキーがレム睡眠の存在を発見した。 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
睡眠 中は刺激に対する反応がほとんどなくなり、移動や外界の 注視などの様々な活動も低下する。一般的には、閉眼し意味 のある精神活動は停止した状態となるが、適切な刺激に よって容易に覚醒する。 このため睡眠 と意識障害とはまったく異なるものである。 またヒトをはじめとする大脳の発達したいくつかの動物では、 睡眠中 に夢と呼ばれるある種の幻覚を体験することがある。 睡眠の 目的は、心身の休息、記憶の再構成など高次脳機能にも深く 関わっているとされる。 下垂体前葉は、2時間から3時間の間隔で成長ホルモンを分泌する 放出間隔は睡眠 によって変化しないが、放出量は多くなる。したがって、子供の 成長や創傷治癒、肌の新陳代謝は 睡眠時に 特に促進される。その他、免疫力やストレスの除去などが あるが、完全に解明されていない部分も多い。 短期的には睡眠 は栄養の摂取よりも重要である。ラットを用いた実験では、 完全に睡眠 を遮断した場合、約10 - 20日で死亡するが、これは食物を与えな かった場合よりも短い。 ヒトの睡眠 ヒトに必要な睡眠 量には個体差があり、6 - 8時間の場合が多い。 統計的には7時間の場合に平均余命が最も長くなる。 睡眠が不足した 場合に最も影響のある精神活動は集中力である。 計算能力、記憶能力、連想能力などはあまり低下しない。 睡眠の 取りやすさにも個体差がある。さらに、入眠時の身体状態や 精神状態、外部環境に依存するため、睡眠が取りやすかったり、睡眠が取りにくいなど、同一個体でも状態による差が大きい。 そのため、睡眠を快く取る為の安眠法が幾つも発明されている。後述する入眠ニューロンは体温 の上昇によって活動が亢進するため、入眠前の入浴や入眠時に 寝室を暖かくすることが有効である。 また睡眠 にはメラトニンが関わっており、メラトニンを脳にある松果体 で生成するには起床中に2500ルクス以上の光を浴びる必要がある。 ヒトの睡眠は、 脳波と眼球運動のパターンで分類できることが知られている。 成人はステージI~REMの間を睡眠中反復し、周期は90分程度である。 入眠やステージI - IVとレム睡眠間の移行を司る特別なニューロン群が存在する。 入眠時には前脳基部に存在する入眠ニューロンが活性化する。レム睡眠移行時には脳幹に位置する レム入眠ニューロンが活動する。覚醒状態では脳内の各ニューロンは 独立して活動しているが、ステージI - IVでは隣接するニューロンが低 周波で同期して活動する。 ステージI 傾眠状態。脳波上、覚醒時にみられたα波が減少し、 低振幅の電位がみられる。 ステージI - IVをまとめて、ノンレム睡眠と呼ぶ。 ステージII 脳波上、睡眠 紡錘 (sleep spindle) がみられる。 ステージIII 低周波のδ波 が増える。20% - 50% ステージIV δ波が50%以上。 レム (REM) 睡眠 急速眼 球運動 (Rapid Eye Movement) の見られる 睡眠である。脳波は比較的早いθ波が主体となる。 この期間に覚醒した場合、夢の内容を覚えていることが多い。 レム睡眠中の脳活動は覚醒時と似ており、エネルギー消費率も覚醒時とほぼ同等である。 急速眼球運動だけが起こるのは、目筋以外を制御する 運動ニューロンの働きが抑制されているためである。 人間では、6 - 8時間の睡眠 のうち、1時間半 - 2時間をレム睡眠が占める。記憶の固定にレム睡眠が必要だという説に対しては、支持しない証拠が多い[1]。 1953年にシカゴ大学のナサニエル・クライトマンと ユージン・アゼリンスキーがレム睡眠の存在を発見した。 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
睡眠 中は刺激に対する反応がほとんどなくなり、移動や外界の 注視などの様々な活動も低下する。一般的には、閉眼し意味 のある精神活動は停止した状態となるが、適切な刺激に よって容易に覚醒する。 このため睡眠 と意識障害とはまったく異なるものである。 またヒトをはじめとする大脳の発達したいくつかの動物では、 睡眠中 に夢と呼ばれるある種の幻覚を体験することがある。 睡眠の 目的は、心身の休息、記憶の再構成など高次脳機能にも深く 関わっているとされる。 下垂体前葉は、2時間から3時間の間隔で成長ホルモンを分泌する 放出間隔は睡眠 によって変化しないが、放出量は多くなる。したがって、子供の 成長や創傷治癒、肌の新陳代謝は 睡眠時に 特に促進される。その他、免疫力やストレスの除去などが あるが、完全に解明されていない部分も多い。 短期的には睡眠 は栄養の摂取よりも重要である。ラットを用いた実験では、 完全に睡眠 を遮断した場合、約10 - 20日で死亡するが、これは食物を与えな かった場合よりも短い。 ヒトの睡眠 ヒトに必要な睡眠 量には個体差があり、6 - 8時間の場合が多い。 統計的には7時間の場合に平均余命が最も長くなる。 睡眠が不足した 場合に最も影響のある精神活動は集中力である。 計算能力、記憶能力、連想能力などはあまり低下しない。 睡眠の 取りやすさにも個体差がある。さらに、入眠時の身体状態や 精神状態、外部環境に依存するため、睡眠が取りやすかったり、睡眠が取りにくいなど、同一個体でも状態による差が大きい。 そのため、睡眠を快く取る為の安眠法が幾つも発明されている。後述する入眠ニューロンは体温 の上昇によって活動が亢進するため、入眠前の入浴や入眠時に 寝室を暖かくすることが有効である。 また睡眠 にはメラトニンが関わっており、メラトニンを脳にある松果体 で生成するには起床中に2500ルクス以上の光を浴びる必要がある。 ヒトの睡眠は、 脳波と眼球運動のパターンで分類できることが知られている。 成人はステージI~REMの間を睡眠中反復し、周期は90分程度である。 入眠やステージI - IVとレム睡眠間の移行を司る特別なニューロン群が存在する。 入眠時には前脳基部に存在する入眠ニューロンが活性化する。レム睡眠移行時には脳幹に位置する レム入眠ニューロンが活動する。覚醒状態では脳内の各ニューロンは 独立して活動しているが、ステージI - IVでは隣接するニューロンが低 周波で同期して活動する。 ステージI 傾眠状態。脳波上、覚醒時にみられたα波が減少し、 低振幅の電位がみられる。 ステージI - IVをまとめて、ノンレム睡眠と呼ぶ。 ステージII 脳波上、睡眠 紡錘 (sleep spindle) がみられる。 ステージIII 低周波のδ波 が増える。20% - 50% ステージIV δ波が50%以上。 レム (REM) 睡眠 急速眼 球運動 (Rapid Eye Movement) の見られる 睡眠である。脳波は比較的早いθ波が主体となる。 この期間に覚醒した場合、夢の内容を覚えていることが多い。 レム睡眠中の脳活動は覚醒時と似ており、エネルギー消費率も覚醒時とほぼ同等である。 急速眼球運動だけが起こるのは、目筋以外を制御する 運動ニューロンの働きが抑制されているためである。 人間では、6 - 8時間の睡眠 のうち、1時間半 - 2時間をレム睡眠が占める。記憶の固定にレム睡眠が必要だという説に対しては、支持しない証拠が多い[1]。 1953年にシカゴ大学のナサニエル・クライトマンと ユージン・アゼリンスキーがレム睡眠の存在を発見した。 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ザ・シークレット」は自分のパワーに目覚める本です。 山川紘矢 2007年アメリカ、カナダ、オーストラリアを席巻した一冊の本があります。 ロンダ・バーン著の「ザ・シークレット」です。2006年3月にリリースさ れた同名のDVDはインターネットを通じて全世界に知られるようになり、多 くの人々が予告編を見て、DVDを買いました。ドラマティックな映像と成功 者と言われる人々が語る体験談は、多くの人々に強いインパクトを与えました。 DVDの売上はアメリカで、あっという間に50万部を越えました。 そして、2006年11月には、DVDを元にした本が売り出されました。発 売されてすぐに、アメリカの人気テレビ番組や有力新聞、雑誌などのメディア に次々と取り上げられて、たちまちのうちにベストセラーの第一位に踊り出ま した。そして、様々な場面でこの本について、大いに議論されるようになりま した。 もちろん本は大増刷され、なんと、現在までにで、700万部に到達していま す。アメリカ、カナダ、オーストラリアの英語圏三カ国で、同時にベストセ ラー第一位になった本は、2007年ではこの「ザ・シークレット」だけでし た。また、次々といろいろな言葉に翻訳され、2008年末までには33カ国 語に翻訳、出版される予定です。日本語版は2007年の10月、角川書店で 発売されます。 この本の主題である「ザ・シークレット」とは、これまで永い間、秘密にされ ていた成功するための法則のことです。この秘密の法則さえ知れば、人は欲し いものをすべて手に入れられ、したいことはどんなことでもでき、なりたいも のにはなんでもなれるというのです。歴史上の有名な人物や成功した人々はみ んなこの秘密を知っていました。その秘密とは「引き寄せの法則」と呼ばれ、 人は心から強く望めば、その望みは実現するというものです。 著者のリンダ・バーンはオーストラリアで映像関係の仕事をしていましたが、 50代にさしかかった頃、彼女の人生は完全に崩壊しました。 父親が突然になくなり、仕事関係や恋人との関係がおかしくなり、心身ともに ぼろぼろになってしまったのです。その時、娘から贈られた一冊の本が彼女の 人生を救ってくれました。100年も前に書かれたその本に紹介されていたの が、「偉大なる秘密」引き寄せの法則だったのです。 彼女は夢中になってその本を読むと、さらに、その「秘密」を調べ始めました。 すると、歴史上の人物達がみんなこの「秘密」を知っていたことを発見したの です。「どうして、一般の人たちはこのことを知らないのだろう」と彼女は思 いました。そこで、この「秘密」を世界中の人々と分かち合いたいという熱い 思いにかられ、現在、生存している人々の中にその「秘密」を知っている人を さがしはじめました。すると、まるで、彼女が磁石となって引き寄せたかのよ うに、偉大なマスター(師)たちが次々と彼女の前に現われてきました。そし て現代においても、まさにその「秘密」を実践している人々が沢山いることを 発見したのでした。 彼女は、これを映画化して、世界中に広めたいと思いました。やがて、世界中 に広めるイメージが彼女の頭の中で、確固としたものとなってゆきました。彼 女は映画製作のチームを作り、チーム全員にこの「秘密」を学んでもらいまし た。すると、多くの人々や物事が彼女の元に自然に引き寄せられてきたのです。 そして、8ヶ月後、「ザ・シークレット」のビデオ映画が完成し、発売された のでした。 この映画が世界中で発売されると、奇跡的な話がつぎつぎと報告されてきまし た。慢性的な痛みやうつ病や不治の病から回復した、事故で半身不随だった人 が歩けるようになった、死の床から起き上がったなどです。そのほか、多大の 資金を調達できた、すばらしいマイホームが手に入った、人生の伴侶、欲し かった自動車、仕事、出世などを手にいれることが出来た、子供との関係も良 くなったなど、様々な報告が届きました。 著者のリンダ・バーンは確かにこの「秘密」を使って、大変な有名人になりま した。まさに「秘密」を実践して成功したよい実例といえるでしょう。 さらにDVDの成功から、「ザ・シークレット」の本が生まれました。この秘 密を知って、いろいろな分野で成功した24人の師達が自分の成功の秘密を 次々に項目ごとに語ってゆくという、DVDの形がそのまま本になっているの ですが、本をじっくり読むことによって、より深く理解が出来るようになって います。 この本で明らかにされている秘密「引き寄せの法則」とは、「人生であなたに おきていることは、すべてあなたが引き寄せています。あなたが、思い、イ メージすることが、あなたに引き寄せられてくるのです。それはあなたが考え ていることです。なにごとであれ、あなたが考えていることが、あなたに引き 寄せられてくるのです」と言うものです。 すなわち、心から望み、イメージし、それがすでに実現していると思うことに よって、どんな物もどんなことも、あなたは自分に引き寄せることが出来る、 というのです。なぜならば、宇宙はそのように出来ているからです。そして、 これこそが成功の法則なのです。 この本を読んで、自分が本当に望んでいるものは何か、本当の自分は何なのか を知り、宇宙の助けを使い始めることができれば、あなたは自分の思い通りの 自分になれるでしょう。そういう意味で、ぜひ多くの人に読んでいただきたい 一冊です。
睡眠 中は刺激に対する反応がほとんどなくなり、移動や外界の注視などの様々な活動も低下する。一般的には、閉眼し意味のある精神活動は停止した状態となるが、適切な刺激によって容易に覚醒する。このため睡眠 と意識障害とはまったく異なるものである。 またヒトをはじめとする大脳の発達したいくつかの動物では、 睡眠中に夢と呼ばれるある種の幻覚を体験することがある。 睡眠の目的は、心身の休息、記憶の再構成など高次脳機能にも深く関わっているとされる。 下垂体前葉は、2時間から3時間の間隔で成長ホルモンを分泌する放出間隔は睡眠 によって変化しないが、放出量は多くなる。したがって、子供の成長や創傷治癒、肌の新陳代謝は 睡眠時に特に促進される。その他、免疫力やストレスの除去などがあるが、完全に解明されていない部分も多い。 短期的には睡眠 は栄養の摂取よりも重要である。ラットを用いた実験では、完全に睡眠 を遮断した場合、約10 - 20日で死亡するが、これは食物を与えなかった場合よりも短い。 ヒトの睡眠 ヒトに必要な睡眠 量には個体差があり、6 - 8時間の場合が多い。 統計的には7時間の場合に平均余命が最も長くなる。 睡眠が不足した場合に最も影響のある精神活動は集中力である。計算能力、記憶能力、連想能力などはあまり低下しない。 睡眠の取りやすさにも個体差がある。さらに、入眠時の身体状態や精神状態、外部環境に依存するため、睡眠が取りやすかったり、睡眠が取りにくいなど、同一個体でも状態による差が大きい。 そのため、睡眠を快く取る為の安眠法が幾つも発明されている。後述する入眠ニューロンは体温の上昇によって活動が亢進するため、入眠前の入浴や入眠時に寝室を暖かくすることが有効である。 また睡眠 にはメラトニンが関わっており、メラトニンを脳にある松果体で生成するには起床中に2500ルクス以上の光を浴びる必要がある。 ヒトの睡眠は、脳波と眼球運動のパターンで分類できることが知られている。 成人はステージI~REMの間を睡眠中反復し、周期は90分程度である。入眠やステージI - IVとレム睡眠間の移行を司る特別なニューロン群が存在する。 入眠時には前脳基部に存在する入眠ニューロンが活性化する。レム睡眠移行時には脳幹に位置するレム入眠ニューロンが活動する。覚醒状態では脳内の各ニューロンは独立して活動しているが、ステージI - IVでは隣接するニューロンが低周波で同期して活動する。 ステージI 傾眠状態。脳波上、覚醒時にみられたα波が減少し、低振幅の電位がみられる。 ステージI - IVをまとめて、ノンレム睡眠と呼ぶ。 ステージII 脳波上、睡眠 紡錘 (sleep spindle) がみられる。 ステージIII 低周波のδ波が増える。20% - 50% ステージIV δ波が50%以上。 レム (REM) 睡眠 急速眼球運動 (Rapid Eye Movement) の見られる 睡眠である。脳波は比較的早いθ波が主体となる。 この期間に覚醒した場合、夢の内容を覚えていることが多い。レム睡眠中の脳活動は覚醒時と似ており、エネルギー消費率も覚醒時とほぼ同等である。 急速眼球運動だけが起こるのは、目筋以外を制御する運動ニューロンの働きが抑制されているためである。人間では、6 - 8時間の睡眠 のうち、1時間半 - 2時間をレム睡眠が占める。記憶の固定にレム睡眠が必要だという説に対しては、支持しない証拠が多い[1]。 1953年にシカゴ大学のナサニエル・クライトマンとユージン・アゼリンスキーがレム睡眠の存在を発見した。 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
睡眠 中は刺激に対する反応がほとんどなくなり、移動や外界の 注視などの様々な活動も低下する。一般的には、閉眼し意味 のある精神活動は停止した状態となるが、適切な刺激に よって容易に覚醒する。 このため睡眠 と意識障害とはまったく異なるものである。 またヒトをはじめとする大脳の発達したいくつかの動物では、 睡眠中 に夢と呼ばれるある種の幻覚を体験することがある。 睡眠の 目的は、心身の休息、記憶の再構成など高次脳機能にも深く 関わっているとされる。 下垂体前葉は、2時間から3時間の間隔で成長ホルモンを分泌する 放出間隔は睡眠 によって変化しないが、放出量は多くなる。したがって、子供の 成長や創傷治癒、肌の新陳代謝は 睡眠時に 特に促進される。その他、免疫力やストレスの除去などが あるが、完全に解明されていない部分も多い。 短期的には睡眠 は栄養の摂取よりも重要である。ラットを用いた実験では、 完全に睡眠 を遮断した場合、約10 - 20日で死亡するが、これは食物を与えな かった場合よりも短い。 ヒトの睡眠 ヒトに必要な睡眠 量には個体差があり、6 - 8時間の場合が多い。 統計的には7時間の場合に平均余命が最も長くなる。 睡眠が不足した 場合に最も影響のある精神活動は集中力である。 計算能力、記憶能力、連想能力などはあまり低下しない。 睡眠の 取りやすさにも個体差がある。さらに、入眠時の身体状態や 精神状態、外部環境に依存するため、睡眠が取りやすかったり、睡眠が取りにくいなど、同一個体でも状態による差が大きい。 そのため、睡眠を快く取る為の安眠法が幾つも発明されている。後述する入眠ニューロンは体温 の上昇によって活動が亢進するため、入眠前の入浴や入眠時に 寝室を暖かくすることが有効である。 また睡眠 にはメラトニンが関わっており、メラトニンを脳にある松果体 で生成するには起床中に2500ルクス以上の光を浴びる必要がある。 ヒトの睡眠は、 脳波と眼球運動のパターンで分類できることが知られている。 成人はステージI~REMの間を睡眠中反復し、周期は90分程度である。 入眠やステージI - IVとレム睡眠間の移行を司る特別なニューロン群が存在する。 入眠時には前脳基部に存在する入眠ニューロンが活性化する。レム睡眠移行時には脳幹に位置する レム入眠ニューロンが活動する。覚醒状態では脳内の各ニューロンは 独立して活動しているが、ステージI - IVでは隣接するニューロンが低 周波で同期して活動する。 ステージI 傾眠状態。脳波上、覚醒時にみられたα波が減少し、 低振幅の電位がみられる。 ステージI - IVをまとめて、ノンレム睡眠と呼ぶ。 ステージII 脳波上、睡眠 紡錘 (sleep spindle) がみられる。 ステージIII 低周波のδ波 が増える。20% - 50% ステージIV δ波が50%以上。 レム (REM) 睡眠 急速眼 球運動 (Rapid Eye Movement) の見られる 睡眠である。脳波は比較的早いθ波が主体となる。 この期間に覚醒した場合、夢の内容を覚えていることが多い。 レム睡眠中の脳活動は覚醒時と似ており、エネルギー消費率も覚醒時とほぼ同等である。 急速眼球運動だけが起こるのは、目筋以外を制御する 運動ニューロンの働きが抑制されているためである。 人間では、6 - 8時間の睡眠 のうち、1時間半 - 2時間をレム睡眠が占める。記憶の固定にレム睡眠が必要だという説に対しては、支持しない証拠が多い[1]。 1953年にシカゴ大学のナサニエル・クライトマンと ユージン・アゼリンスキーがレム睡眠の存在を発見した。 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
睡眠 中は刺激に対する反応がほとんどなくなり、移動や外界の 注視などの様々な活動も低下する。一般的には、閉眼し意味 のある精神活動は停止した状態となるが、適切な刺激に よって容易に覚醒する。 このため睡眠 と意識障害とはまったく異なるものである。 またヒトをはじめとする大脳の発達したいくつかの動物では、 睡眠中 に夢と呼ばれるある種の幻覚を体験することがある。 睡眠の 目的は、心身の休息、記憶の再構成など高次脳機能にも深く 関わっているとされる。 下垂体前葉は、2時間から3時間の間隔で成長ホルモンを分泌する 放出間隔は睡眠 によって変化しないが、放出量は多くなる。したがって、子供の 成長や創傷治癒、肌の新陳代謝は 睡眠時に 特に促進される。その他、免疫力やストレスの除去などが あるが、完全に解明されていない部分も多い。 短期的には睡眠 は栄養の摂取よりも重要である。ラットを用いた実験では、 完全に睡眠 を遮断した場合、約10 - 20日で死亡するが、これは食物を与えな かった場合よりも短い。 ヒトの睡眠 ヒトに必要な睡眠 量には個体差があり、6 - 8時間の場合が多い。 統計的には7時間の場合に平均余命が最も長くなる。 睡眠が不足した 場合に最も影響のある精神活動は集中力である。 計算能力、記憶能力、連想能力などはあまり低下しない。 睡眠の 取りやすさにも個体差がある。さらに、入眠時の身体状態や 精神状態、外部環境に依存するため、睡眠が取りやすかったり、睡眠が取りにくいなど、同一個体でも状態による差が大きい。 そのため、睡眠を快く取る為の安眠法が幾つも発明されている。後述する入眠ニューロンは体温 の上昇によって活動が亢進するため、入眠前の入浴や入眠時に 寝室を暖かくすることが有効である。 また睡眠 にはメラトニンが関わっており、メラトニンを脳にある松果体 で生成するには起床中に2500ルクス以上の光を浴びる必要がある。 ヒトの睡眠は、 脳波と眼球運動のパターンで分類できることが知られている。 成人はステージI~REMの間を睡眠中反復し、周期は90分程度である。 入眠やステージI - IVとレム睡眠間の移行を司る特別なニューロン群が存在する。 入眠時には前脳基部に存在する入眠ニューロンが活性化する。レム睡眠移行時には脳幹に位置する レム入眠ニューロンが活動する。覚醒状態では脳内の各ニューロンは 独立して活動しているが、ステージI - IVでは隣接するニューロンが低 周波で同期して活動する。 ステージI 傾眠状態。脳波上、覚醒時にみられたα波が減少し、 低振幅の電位がみられる。 ステージI - IVをまとめて、ノンレム睡眠と呼ぶ。 ステージII 脳波上、睡眠 紡錘 (sleep spindle) がみられる。 ステージIII 低周波のδ波 が増える。20% - 50% ステージIV δ波が50%以上。 レム (REM) 睡眠 急速眼 球運動 (Rapid Eye Movement) の見られる 睡眠である。脳波は比較的早いθ波が主体となる。 この期間に覚醒した場合、夢の内容を覚えていることが多い。 レム睡眠中の脳活動は覚醒時と似ており、エネルギー消費率も覚醒時とほぼ同等である。 急速眼球運動だけが起こるのは、目筋以外を制御する 運動ニューロンの働きが抑制されているためである。 人間では、6 - 8時間の睡眠 のうち、1時間半 - 2時間をレム睡眠が占める。記憶の固定にレム睡眠が必要だという説に対しては、支持しない証拠が多い[1]。 1953年にシカゴ大学のナサニエル・クライトマンと ユージン・アゼリンスキーがレム睡眠の存在を発見した。 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
睡眠 中は刺激に対する反応がほとんどなくなり、移動や外界の 注視などの様々な活動も低下する。一般的には、閉眼し意味 のある精神活動は停止した状態となるが、適切な刺激に よって容易に覚醒する。 このため睡眠 と意識障害とはまったく異なるものである。 またヒトをはじめとする大脳の発達したいくつかの動物では、 睡眠中 に夢と呼ばれるある種の幻覚を体験することがある。 睡眠の 目的は、心身の休息、記憶の再構成など高次脳機能にも深く 関わっているとされる。 下垂体前葉は、2時間から3時間の間隔で成長ホルモンを分泌する 放出間隔は睡眠 によって変化しないが、放出量は多くなる。したがって、子供の 成長や創傷治癒、肌の新陳代謝は 睡眠時に 特に促進される。その他、免疫力やストレスの除去などが あるが、完全に解明されていない部分も多い。 短期的には睡眠 は栄養の摂取よりも重要である。ラットを用いた実験では、 完全に睡眠 を遮断した場合、約10 - 20日で死亡するが、これは食物を与えな かった場合よりも短い。 ヒトの睡眠 ヒトに必要な睡眠 量には個体差があり、6 - 8時間の場合が多い。 統計的には7時間の場合に平均余命が最も長くなる。 睡眠が不足した 場合に最も影響のある精神活動は集中力である。 計算能力、記憶能力、連想能力などはあまり低下しない。 睡眠の 取りやすさにも個体差がある。さらに、入眠時の身体状態や 精神状態、外部環境に依存するため、睡眠が取りやすかったり、睡眠が取りにくいなど、同一個体でも状態による差が大きい。 そのため、睡眠を快く取る為の安眠法が幾つも発明されている。後述する入眠ニューロンは体温 の上昇によって活動が亢進するため、入眠前の入浴や入眠時に 寝室を暖かくすることが有効である。 また睡眠 にはメラトニンが関わっており、メラトニンを脳にある松果体 で生成するには起床中に2500ルクス以上の光を浴びる必要がある。 ヒトの睡眠は、 脳波と眼球運動のパターンで分類できることが知られている。 成人はステージI~REMの間を睡眠中反復し、周期は90分程度である。 入眠やステージI - IVとレム睡眠間の移行を司る特別なニューロン群が存在する。 入眠時には前脳基部に存在する入眠ニューロンが活性化する。レム睡眠移行時には脳幹に位置する レム入眠ニューロンが活動する。覚醒状態では脳内の各ニューロンは 独立して活動しているが、ステージI - IVでは隣接するニューロンが低 周波で同期して活動する。 ステージI 傾眠状態。脳波上、覚醒時にみられたα波が減少し、 低振幅の電位がみられる。 ステージI - IVをまとめて、ノンレム睡眠と呼ぶ。 ステージII 脳波上、睡眠 紡錘 (sleep spindle) がみられる。 ステージIII 低周波のδ波 が増える。20% - 50% ステージIV δ波が50%以上。 レム (REM) 睡眠 急速眼 球運動 (Rapid Eye Movement) の見られる 睡眠である。脳波は比較的早いθ波が主体となる。 この期間に覚醒した場合、夢の内容を覚えていることが多い。 レム睡眠中の脳活動は覚醒時と似ており、エネルギー消費率も覚醒時とほぼ同等である。 急速眼球運動だけが起こるのは、目筋以外を制御する 運動ニューロンの働きが抑制されているためである。 人間では、6 - 8時間の睡眠 のうち、1時間半 - 2時間をレム睡眠が占める。記憶の固定にレム睡眠が必要だという説に対しては、支持しない証拠が多い[1]。 1953年にシカゴ大学のナサニエル・クライトマンと ユージン・アゼリンスキーがレム睡眠の存在を発見した。 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
睡眠 中は刺激に対する反応がほとんどなくなり、移動や外界の 注視などの様々な活動も低下する。一般的には、閉眼し意味 のある精神活動は停止した状態となるが、適切な刺激に よって容易に覚醒する。 このため睡眠 と意識障害とはまったく異なるものである。 またヒトをはじめとする大脳の発達したいくつかの動物では、 睡眠中 に夢と呼ばれるある種の幻覚を体験することがある。 睡眠の 目的は、心身の休息、記憶の再構成など高次脳機能にも深く 関わっているとされる。 下垂体前葉は、2時間から3時間の間隔で成長ホルモンを分泌する 放出間隔は睡眠 によって変化しないが、放出量は多くなる。したがって、子供の 成長や創傷治癒、肌の新陳代謝は 睡眠時に 特に促進される。その他、免疫力やストレスの除去などが あるが、完全に解明されていない部分も多い。 短期的には睡眠 は栄養の摂取よりも重要である。ラットを用いた実験では、 完全に睡眠 を遮断した場合、約10 - 20日で死亡するが、これは食物を与えな かった場合よりも短い。 ヒトの睡眠 ヒトに必要な睡眠 量には個体差があり、6 - 8時間の場合が多い。 統計的には7時間の場合に平均余命が最も長くなる。 睡眠が不足した 場合に最も影響のある精神活動は集中力である。 計算能力、記憶能力、連想能力などはあまり低下しない。 睡眠の 取りやすさにも個体差がある。さらに、入眠時の身体状態や 精神状態、外部環境に依存するため、睡眠が取りやすかったり、睡眠が取りにくいなど、同一個体でも状態による差が大きい。 そのため、睡眠を快く取る為の安眠法が幾つも発明されている。後述する入眠ニューロンは体温 の上昇によって活動が亢進するため、入眠前の入浴や入眠時に 寝室を暖かくすることが有効である。 また睡眠 にはメラトニンが関わっており、メラトニンを脳にある松果体 で生成するには起床中に2500ルクス以上の光を浴びる必要がある。 ヒトの睡眠は、 脳波と眼球運動のパターンで分類できることが知られている。 成人はステージI~REMの間を睡眠中反復し、周期は90分程度である。 入眠やステージI - IVとレム睡眠間の移行を司る特別なニューロン群が存在する。 入眠時には前脳基部に存在する入眠ニューロンが活性化する。レム睡眠移行時には脳幹に位置する レム入眠ニューロンが活動する。覚醒状態では脳内の各ニューロンは 独立して活動しているが、ステージI - IVでは隣接するニューロンが低 周波で同期して活動する。 ステージI 傾眠状態。脳波上、覚醒時にみられたα波が減少し、 低振幅の電位がみられる。 ステージI - IVをまとめて、ノンレム睡眠と呼ぶ。 ステージII 脳波上、睡眠 紡錘 (sleep spindle) がみられる。 ステージIII 低周波のδ波 が増える。20% - 50% ステージIV δ波が50%以上。 レム (REM) 睡眠 急速眼 球運動 (Rapid Eye Movement) の見られる 睡眠である。脳波は比較的早いθ波が主体となる。 この期間に覚醒した場合、夢の内容を覚えていることが多い。 レム睡眠中の脳活動は覚醒時と似ており、エネルギー消費率も覚醒時とほぼ同等である。 急速眼球運動だけが起こるのは、目筋以外を制御する 運動ニューロンの働きが抑制されているためである。 人間では、6 - 8時間の睡眠 のうち、1時間半 - 2時間をレム睡眠が占める。記憶の固定にレム睡眠が必要だという説に対しては、支持しない証拠が多い[1]。 1953年にシカゴ大学のナサニエル・クライトマンと ユージン・アゼリンスキーがレム睡眠の存在を発見した。 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
睡眠 中は刺激に対する反応がほとんどなくなり、移動や外界の 注視などの様々な活動も低下する。一般的には、閉眼し意味 のある精神活動は停止した状態となるが、適切な刺激に よって容易に覚醒する。 このため睡眠 と意識障害とはまったく異なるものである。 またヒトをはじめとする大脳の発達したいくつかの動物では、 睡眠中 に夢と呼ばれるある種の幻覚を体験することがある。 睡眠の 目的は、心身の休息、記憶の再構成など高次脳機能にも深く 関わっているとされる。 下垂体前葉は、2時間から3時間の間隔で成長ホルモンを分泌する 放出間隔は睡眠 によって変化しないが、放出量は多くなる。したがって、子供の 成長や創傷治癒、肌の新陳代謝は 睡眠時に 特に促進される。その他、免疫力やストレスの除去などが あるが、完全に解明されていない部分も多い。 短期的には睡眠 は栄養の摂取よりも重要である。ラットを用いた実験では、 完全に睡眠 を遮断した場合、約10 - 20日で死亡するが、これは食物を与えな かった場合よりも短い。 ヒトの睡眠 ヒトに必要な睡眠 量には個体差があり、6 - 8時間の場合が多い。 統計的には7時間の場合に平均余命が最も長くなる。 睡眠が不足した 場合に最も影響のある精神活動は集中力である。 計算能力、記憶能力、連想能力などはあまり低下しない。 睡眠の 取りやすさにも個体差がある。さらに、入眠時の身体状態や 精神状態、外部環境に依存するため、睡眠が取りやすかったり、睡眠が取りにくいなど、同一個体でも状態による差が大きい。 そのため、睡眠を快く取る為の安眠法が幾つも発明されている。後述する入眠ニューロンは体温 の上昇によって活動が亢進するため、入眠前の入浴や入眠時に 寝室を暖かくすることが有効である。 また睡眠 にはメラトニンが関わっており、メラトニンを脳にある松果体 で生成するには起床中に2500ルクス以上の光を浴びる必要がある。 ヒトの睡眠は、 脳波と眼球運動のパターンで分類できることが知られている。 成人はステージI~REMの間を睡眠中反復し、周期は90分程度である。 入眠やステージI - IVとレム睡眠間の移行を司る特別なニューロン群が存在する。 入眠時には前脳基部に存在する入眠ニューロンが活性化する。レム睡眠移行時には脳幹に位置する レム入眠ニューロンが活動する。覚醒状態では脳内の各ニューロンは 独立して活動しているが、ステージI - IVでは隣接するニューロンが低 周波で同期して活動する。 ステージI 傾眠状態。脳波上、覚醒時にみられたα波が減少し、 低振幅の電位がみられる。 ステージI - IVをまとめて、ノンレム睡眠と呼ぶ。 ステージII 脳波上、睡眠 紡錘 (sleep spindle) がみられる。 ステージIII 低周波のδ波 が増える。20% - 50% ステージIV δ波が50%以上。 レム (REM) 睡眠 急速眼 球運動 (Rapid Eye Movement) の見られる 睡眠である。脳波は比較的早いθ波が主体となる。 この期間に覚醒した場合、夢の内容を覚えていることが多い。 レム睡眠中の脳活動は覚醒時と似ており、エネルギー消費率も覚醒時とほぼ同等である。 急速眼球運動だけが起こるのは、目筋以外を制御する 運動ニューロンの働きが抑制されているためである。 人間では、6 - 8時間の睡眠 のうち、1時間半 - 2時間をレム睡眠が占める。記憶の固定にレム睡眠が必要だという説に対しては、支持しない証拠が多い[1]。 1953年にシカゴ大学のナサニエル・クライトマンと ユージン・アゼリンスキーがレム睡眠の存在を発見した。 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
睡眠 中は刺激に対する反応がほとんどなくなり、移動や外界の 注視などの様々な活動も低下する。一般的には、閉眼し意味 のある精神活動は停止した状態となるが、適切な刺激に よって容易に覚醒する。 このため睡眠 と意識障害とはまったく異なるものである。 またヒトをはじめとする大脳の発達したいくつかの動物では、 睡眠中 に夢と呼ばれるある種の幻覚を体験することがある。 睡眠の 目的は、心身の休息、記憶の再構成など高次脳機能にも深く 関わっているとされる。 下垂体前葉は、2時間から3時間の間隔で成長ホルモンを分泌する 放出間隔は睡眠 によって変化しないが、放出量は多くなる。したがって、子供の 成長や創傷治癒、肌の新陳代謝は 睡眠時に 特に促進される。その他、免疫力やストレスの除去などが あるが、完全に解明されていない部分も多い。 短期的には睡眠 は栄養の摂取よりも重要である。ラットを用いた実験では、 完全に睡眠 を遮断した場合、約10 - 20日で死亡するが、これは食物を与えな かった場合よりも短い。 ヒトの睡眠 ヒトに必要な睡眠 量には個体差があり、6 - 8時間の場合が多い。 統計的には7時間の場合に平均余命が最も長くなる。 睡眠が不足した 場合に最も影響のある精神活動は集中力である。 計算能力、記憶能力、連想能力などはあまり低下しない。 睡眠の 取りやすさにも個体差がある。さらに、入眠時の身体状態や 精神状態、外部環境に依存するため、睡眠が取りやすかったり、睡眠が取りにくいなど、同一個体でも状態による差が大きい。 そのため、睡眠を快く取る為の安眠法が幾つも発明されている。後述する入眠ニューロンは体温 の上昇によって活動が亢進するため、入眠前の入浴や入眠時に 寝室を暖かくすることが有効である。 また睡眠 にはメラトニンが関わっており、メラトニンを脳にある松果体 で生成するには起床中に2500ルクス以上の光を浴びる必要がある。 ヒトの睡眠は、 脳波と眼球運動のパターンで分類できることが知られている。 成人はステージI~REMの間を睡眠中反復し、周期は90分程度である。 入眠やステージI - IVとレム睡眠間の移行を司る特別なニューロン群が存在する。 入眠時には前脳基部に存在する入眠ニューロンが活性化する。レム睡眠移行時には脳幹に位置する レム入眠ニューロンが活動する。覚醒状態では脳内の各ニューロンは 独立して活動しているが、ステージI - IVでは隣接するニューロンが低 周波で同期して活動する。 ステージI 傾眠状態。脳波上、覚醒時にみられたα波が減少し、 低振幅の電位がみられる。 ステージI - IVをまとめて、ノンレム睡眠と呼ぶ。 ステージII 脳波上、睡眠 紡錘 (sleep spindle) がみられる。 ステージIII 低周波のδ波 が増える。20% - 50% ステージIV δ波が50%以上。 レム (REM) 睡眠 急速眼 球運動 (Rapid Eye Movement) の見られる 睡眠である。脳波は比較的早いθ波が主体となる。 この期間に覚醒した場合、夢の内容を覚えていることが多い。 レム睡眠中の脳活動は覚醒時と似ており、エネルギー消費率も覚醒時とほぼ同等である。 急速眼球運動だけが起こるのは、目筋以外を制御する 運動ニューロンの働きが抑制されているためである。 人間では、6 - 8時間の睡眠 のうち、1時間半 - 2時間をレム睡眠が占める。記憶の固定にレム睡眠が必要だという説に対しては、支持しない証拠が多い[1]。 1953年にシカゴ大学のナサニエル・クライトマンと ユージン・アゼリンスキーがレム睡眠の存在を発見した。 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
静的ストレッチ関節を動かして目的の筋肉をゆっくりと伸ばし、 適度に伸びたところでその姿勢を適当な時間保持する (通常、10~20秒間程度)。 はじめに筋肉をゆっくり伸ばすのは伸張反射を防ぐためである。 筋肉には筋紡錘と呼ばれるセンサーがあり、筋肉が瞬間的に引き 伸ばされると筋紡錘から脊髄へ信号が送られる。すると脊髄から 筋肉を収縮させる信号が出され、結果として筋肉が反射的に (つまり意思とは関係なく)収縮する。 これを伸張反射あるいは伸展反射と呼ぶ。 伸張反射は筋肉が急激に引き伸ばされたときに起こる生体の ホメオスタシスによる防御反応であるが、筋肉の緊張や損傷を おこす恐れがあるため避けるべきである。 柔軟性の獲得という観点からは、静的ストレッチと動的ストレッチ とでは、あまり大差ないという事が分かってきている。 動的ストレッチ関節を繰り返し動かし目的の筋肉の伸張と収縮を 繰り返す。 後述するバリスティックストレッチとの違いは、反動をつけず 可動域いっぱいにスピードをコントロールして行うことである。 近年ではウォーミングアップには静的ストレッチよりも 動的ストレッチのほうが適しているといわれており、 エアロビックダンスエクササイズ(いわゆるエアロビクス) などに取り入れられている。 バリスティックストレッチ反動をつけ弾むような動作で 筋肉を伸ばす方法。いわゆる柔軟体操はこれにあたる。 また、いわゆる日本のラジオ体操を バリスティックストレッチに分類する学者もいる[要出典]。 バリスティックストレッチでは上述の伸張反射がおきやすく、 またパートナーと組んで実施するとコントロールがきかず 危険であるため、近年ではあまり使われなくなってきている。              出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
静的ストレッチ関節を動かして目的の筋肉をゆっくりと伸ばし、 適度に伸びたところでその姿勢を適当な時間保持する (通常、10~20秒間程度)。 はじめに筋肉をゆっくり伸ばすのは伸張反射を防ぐためである。 筋肉には筋紡錘と呼ばれるセンサーがあり、筋肉が瞬間的に引き 伸ばされると筋紡錘から脊髄へ信号が送られる。すると脊髄から 筋肉を収縮させる信号が出され、結果として筋肉が反射的に (つまり意思とは関係なく)収縮する。 これを伸張反射あるいは伸展反射と呼ぶ。 伸張反射は筋肉が急激に引き伸ばされたときに起こる生体の ホメオスタシスによる防御反応であるが、筋肉の緊張や損傷を おこす恐れがあるため避けるべきである。 柔軟性の獲得という観点からは、静的ストレッチと動的ストレッチ とでは、あまり大差ないという事が分かってきている。 動的ストレッチ関節を繰り返し動かし目的の筋肉の伸張と収縮を 繰り返す。 後述するバリスティックストレッチとの違いは、反動をつけず 可動域いっぱいにスピードをコントロールして行うことである。 近年ではウォーミングアップには静的ストレッチよりも 動的ストレッチのほうが適しているといわれており、 エアロビックダンスエクササイズ(いわゆるエアロビクス) などに取り入れられている。 バリスティックストレッチ反動をつけ弾むような動作で 筋肉を伸ばす方法。いわゆる柔軟体操はこれにあたる。 また、いわゆる日本のラジオ体操を バリスティックストレッチに分類する学者もいる[要出典]。 バリスティックストレッチでは上述の伸張反射がおきやすく、 またパートナーと組んで実施するとコントロールがきかず 危険であるため、近年ではあまり使われなくなってきている。              出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
静的ストレッチ関節を動かして目的の筋肉をゆっくりと伸ばし、 適度に伸びたところでその姿勢を適当な時間保持する (通常、10~20秒間程度)。 はじめに筋肉をゆっくり伸ばすのは伸張反射を防ぐためである。 筋肉には筋紡錘と呼ばれるセンサーがあり、筋肉が瞬間的に引き 伸ばされると筋紡錘から脊髄へ信号が送られる。すると脊髄から 筋肉を収縮させる信号が出され、結果として筋肉が反射的に (つまり意思とは関係なく)収縮する。 これを伸張反射あるいは伸展反射と呼ぶ。 伸張反射は筋肉が急激に引き伸ばされたときに起こる生体の ホメオスタシスによる防御反応であるが、筋肉の緊張や損傷を おこす恐れがあるため避けるべきである。 柔軟性の獲得という観点からは、静的ストレッチと動的ストレッチ とでは、あまり大差ないという事が分かってきている。 動的ストレッチ関節を繰り返し動かし目的の筋肉の伸張と収縮を 繰り返す。 後述するバリスティックストレッチとの違いは、反動をつけず 可動域いっぱいにスピードをコントロールして行うことである。 近年ではウォーミングアップには静的ストレッチよりも 動的ストレッチのほうが適しているといわれており、 エアロビックダンスエクササイズ(いわゆるエアロビクス) などに取り入れられている。 バリスティックストレッチ反動をつけ弾むような動作で 筋肉を伸ばす方法。いわゆる柔軟体操はこれにあたる。 また、いわゆる日本のラジオ体操を バリスティックストレッチに分類する学者もいる[要出典]。 バリスティックストレッチでは上述の伸張反射がおきやすく、 またパートナーと組んで実施するとコントロールがきかず 危険であるため、近年ではあまり使われなくなってきている。              出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
静的ストレッチ関節を動かして目的の筋肉をゆっくりと伸ばし、 適度に伸びたところでその姿勢を適当な時間保持する (通常、10~20秒間程度)。 はじめに筋肉をゆっくり伸ばすのは伸張反射を防ぐためである。 筋肉には筋紡錘と呼ばれるセンサーがあり、筋肉が瞬間的に引き 伸ばされると筋紡錘から脊髄へ信号が送られる。すると脊髄から 筋肉を収縮させる信号が出され、結果として筋肉が反射的に (つまり意思とは関係なく)収縮する。 これを伸張反射あるいは伸展反射と呼ぶ。 伸張反射は筋肉が急激に引き伸ばされたときに起こる生体の ホメオスタシスによる防御反応であるが、筋肉の緊張や損傷を おこす恐れがあるため避けるべきである。 柔軟性の獲得という観点からは、静的ストレッチと動的ストレッチ とでは、あまり大差ないという事が分かってきている。 動的ストレッチ関節を繰り返し動かし目的の筋肉の伸張と収縮を 繰り返す。 後述するバリスティックストレッチとの違いは、反動をつけず 可動域いっぱいにスピードをコントロールして行うことである。 近年ではウォーミングアップには静的ストレッチよりも 動的ストレッチのほうが適しているといわれており、 エアロビックダンスエクササイズ(いわゆるエアロビクス) などに取り入れられている。 バリスティックストレッチ反動をつけ弾むような動作で 筋肉を伸ばす方法。いわゆる柔軟体操はこれにあたる。 また、いわゆる日本のラジオ体操を バリスティックストレッチに分類する学者もいる[要出典]。 バリスティックストレッチでは上述の伸張反射がおきやすく、 またパートナーと組んで実施するとコントロールがきかず 危険であるため、近年ではあまり使われなくなってきている。              出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
静的ストレッチ関節を動かして目的の筋肉をゆっくりと伸ばし、 適度に伸びたところでその姿勢を適当な時間保持する (通常、10~20秒間程度)。 はじめに筋肉をゆっくり伸ばすのは伸張反射を防ぐためである。 筋肉には筋紡錘と呼ばれるセンサーがあり、筋肉が瞬間的に引き 伸ばされると筋紡錘から脊髄へ信号が送られる。すると脊髄から 筋肉を収縮させる信号が出され、結果として筋肉が反射的に (つまり意思とは関係なく)収縮する。 これを伸張反射あるいは伸展反射と呼ぶ。 伸張反射は筋肉が急激に引き伸ばされたときに起こる生体の ホメオスタシスによる防御反応であるが、筋肉の緊張や損傷を おこす恐れがあるため避けるべきである。 柔軟性の獲得という観点からは、静的ストレッチと動的ストレッチ とでは、あまり大差ないという事が分かってきている。 動的ストレッチ関節を繰り返し動かし目的の筋肉の伸張と収縮を 繰り返す。 後述するバリスティックストレッチとの違いは、反動をつけず 可動域いっぱいにスピードをコントロールして行うことである。 近年ではウォーミングアップには静的ストレッチよりも 動的ストレッチのほうが適しているといわれており、 エアロビックダンスエクササイズ(いわゆるエアロビクス) などに取り入れられている。 バリスティックストレッチ反動をつけ弾むような動作で 筋肉を伸ばす方法。いわゆる柔軟体操はこれにあたる。 また、いわゆる日本のラジオ体操を バリスティックストレッチに分類する学者もいる[要出典]。 バリスティックストレッチでは上述の伸張反射がおきやすく、 またパートナーと組んで実施するとコントロールがきかず 危険であるため、近年ではあまり使われなくなってきている。              出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
静的ストレッチ関節を動かして目的の筋肉をゆっくりと伸ばし、 適度に伸びたところでその姿勢を適当な時間保持する (通常、10~20秒間程度)。 はじめに筋肉をゆっくり伸ばすのは伸張反射を防ぐためである。 筋肉には筋紡錘と呼ばれるセンサーがあり、筋肉が瞬間的に引き 伸ばされると筋紡錘から脊髄へ信号が送られる。すると脊髄から 筋肉を収縮させる信号が出され、結果として筋肉が反射的に (つまり意思とは関係なく)収縮する。 これを伸張反射あるいは伸展反射と呼ぶ。 伸張反射は筋肉が急激に引き伸ばされたときに起こる生体の ホメオスタシスによる防御反応であるが、筋肉の緊張や損傷を おこす恐れがあるため避けるべきである。 柔軟性の獲得という観点からは、静的ストレッチと動的ストレッチ とでは、あまり大差ないという事が分かってきている。 動的ストレッチ関節を繰り返し動かし目的の筋肉の伸張と収縮を 繰り返す。 後述するバリスティックストレッチとの違いは、反動をつけず 可動域いっぱいにスピードをコントロールして行うことである。 近年ではウォーミングアップには静的ストレッチよりも 動的ストレッチのほうが適しているといわれており、 エアロビックダンスエクササイズ(いわゆるエアロビクス) などに取り入れられている。 バリスティックストレッチ反動をつけ弾むような動作で 筋肉を伸ばす方法。いわゆる柔軟体操はこれにあたる。 また、いわゆる日本のラジオ体操を バリスティックストレッチに分類する学者もいる[要出典]。 バリスティックストレッチでは上述の伸張反射がおきやすく、 またパートナーと組んで実施するとコントロールがきかず 危険であるため、近年ではあまり使われなくなってきている。              出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
静的ストレッチ関節を動かして目的の筋肉をゆっくりと伸ばし、 適度に伸びたところでその姿勢を適当な時間保持する (通常、10~20秒間程度)。 はじめに筋肉をゆっくり伸ばすのは伸張反射を防ぐためである。 筋肉には筋紡錘と呼ばれるセンサーがあり、筋肉が瞬間的に引き 伸ばされると筋紡錘から脊髄へ信号が送られる。すると脊髄から 筋肉を収縮させる信号が出され、結果として筋肉が反射的に (つまり意思とは関係なく)収縮する。 これを伸張反射あるいは伸展反射と呼ぶ。 伸張反射は筋肉が急激に引き伸ばされたときに起こる生体の ホメオスタシスによる防御反応であるが、筋肉の緊張や損傷を おこす恐れがあるため避けるべきである。 柔軟性の獲得という観点からは、静的ストレッチと動的ストレッチ とでは、あまり大差ないという事が分かってきている。 動的ストレッチ関節を繰り返し動かし目的の筋肉の伸張と収縮を 繰り返す。 後述するバリスティックストレッチとの違いは、反動をつけず 可動域いっぱいにスピードをコントロールして行うことである。 近年ではウォーミングアップには静的ストレッチよりも 動的ストレッチのほうが適しているといわれており、 エアロビックダンスエクササイズ(いわゆるエアロビクス) などに取り入れられている。 バリスティックストレッチ反動をつけ弾むような動作で 筋肉を伸ばす方法。いわゆる柔軟体操はこれにあたる。 また、いわゆる日本のラジオ体操を バリスティックストレッチに分類する学者もいる[要出典]。 バリスティックストレッチでは上述の伸張反射がおきやすく、 またパートナーと組んで実施するとコントロールがきかず 危険であるため、近年ではあまり使われなくなってきている。              出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
静的ストレッチ関節を動かして目的の筋肉をゆっくりと伸ばし、 適度に伸びたところでその姿勢を適当な時間保持する (通常、10~20秒間程度)。 はじめに筋肉をゆっくり伸ばすのは伸張反射を防ぐためである。 筋肉には筋紡錘と呼ばれるセンサーがあり、筋肉が瞬間的に引き 伸ばされると筋紡錘から脊髄へ信号が送られる。すると脊髄から 筋肉を収縮させる信号が出され、結果として筋肉が反射的に (つまり意思とは関係なく)収縮する。 これを伸張反射あるいは伸展反射と呼ぶ。 伸張反射は筋肉が急激に引き伸ばされたときに起こる生体の ホメオスタシスによる防御反応であるが、筋肉の緊張や損傷を おこす恐れがあるため避けるべきである。 柔軟性の獲得という観点からは、静的ストレッチと動的ストレッチ とでは、あまり大差ないという事が分かってきている。 動的ストレッチ関節を繰り返し動かし目的の筋肉の伸張と収縮を 繰り返す。 後述するバリスティックストレッチとの違いは、反動をつけず 可動域いっぱいにスピードをコントロールして行うことである。 近年ではウォーミングアップには静的ストレッチよりも 動的ストレッチのほうが適しているといわれており、 エアロビックダンスエクササイズ(いわゆるエアロビクス) などに取り入れられている。 バリスティックストレッチ反動をつけ弾むような動作で 筋肉を伸ばす方法。いわゆる柔軟体操はこれにあたる。 また、いわゆる日本のラジオ体操を バリスティックストレッチに分類する学者もいる[要出典]。 バリスティックストレッチでは上述の伸張反射がおきやすく、 またパートナーと組んで実施するとコントロールがきかず 危険であるため、近年ではあまり使われなくなってきている。              出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
静的ストレッチ関節を動かして目的の筋肉をゆっくりと伸ばし、 適度に伸びたところでその姿勢を適当な時間保持する (通常、10~20秒間程度)。 はじめに筋肉をゆっくり伸ばすのは伸張反射を防ぐためである。 筋肉には筋紡錘と呼ばれるセンサーがあり、筋肉が瞬間的に引き 伸ばされると筋紡錘から脊髄へ信号が送られる。すると脊髄から 筋肉を収縮させる信号が出され、結果として筋肉が反射的に (つまり意思とは関係なく)収縮する。 これを伸張反射あるいは伸展反射と呼ぶ。 伸張反射は筋肉が急激に引き伸ばされたときに起こる生体の ホメオスタシスによる防御反応であるが、筋肉の緊張や損傷を おこす恐れがあるため避けるべきである。 柔軟性の獲得という観点からは、静的ストレッチと動的ストレッチ とでは、あまり大差ないという事が分かってきている。 動的ストレッチ関節を繰り返し動かし目的の筋肉の伸張と収縮を 繰り返す。 後述するバリスティックストレッチとの違いは、反動をつけず 可動域いっぱいにスピードをコントロールして行うことである。 近年ではウォーミングアップには静的ストレッチよりも 動的ストレッチのほうが適しているといわれており、 エアロビックダンスエクササイズ(いわゆるエアロビクス) などに取り入れられている。 バリスティックストレッチ反動をつけ弾むような動作で 筋肉を伸ばす方法。いわゆる柔軟体操はこれにあたる。 また、いわゆる日本のラジオ体操を バリスティックストレッチに分類する学者もいる[要出典]。 バリスティックストレッチでは上述の伸張反射がおきやすく、 またパートナーと組んで実施するとコントロールがきかず 危険であるため、近年ではあまり使われなくなってきている。              出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
mitsu
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事