忍者ブログ
暮らしの中での出来事や学びを掲載しています。
[71] [70] [69] [68] [66] [67] [65] [64] [63] [62] [61]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

静的ストレッチ関節を動かして目的の筋肉をゆっくりと伸ばし、適度に伸びたところでその姿勢を適当な時間保持する(通常、10~20秒間程度)。 はじめに筋肉をゆっくり伸ばすのは伸張反射を防ぐためである。筋肉には筋紡錘と呼ばれるセンサーがあり、筋肉が瞬間的に引き伸ばされると筋紡錘から脊髄へ信号が送られる。すると脊髄から筋肉を収縮させる信号が出され、結果として筋肉が反射的に(つまり意思とは関係なく)収縮する。 これを伸張反射あるいは伸展反射と呼ぶ。伸張反射は筋肉が急激に引き伸ばされたときに起こる生体のホメオスタシスによる防御反応であるが、筋肉の緊張や損傷をおこす恐れがあるため避けるべきである。 柔軟性の獲得という観点からは、静的ストレッチと動的ストレッチ とでは、あまり大差ないという事が分かってきている。 動的ストレッチ関節を繰り返し動かし目的の筋肉の伸張と収縮を繰り返す。 後述するバリスティックストレッチとの違いは、反動をつけず可動域いっぱいにスピードをコントロールして行うことである。近年ではウォーミングアップには静的ストレッチよりも動的ストレッチのほうが適しているといわれており、エアロビックダンスエクササイズ(いわゆるエアロビクス)などに取り入れられている。 バリスティックストレッチ反動をつけ弾むような動作で筋肉を伸ばす方法。いわゆる柔軟体操はこれにあたる。 また、いわゆる日本のラジオ体操をバリスティックストレッチに分類する学者もいる[要出典]。 バリスティックストレッチでは上述の伸張反射がおきやすく、またパートナーと組んで実施するとコントロールがきかず危険であるため、近年ではあまり使われなくなってきている。              出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
mitsu
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事